ブライダルフェアに参加して1回の見学だけで結婚式を決めなければいけないワケではありません。初めてブライダルフェアに行くカップルは同じ会場に二回見学に行くことはできないと考えているかも知れませんが、同じ会場に何回行っても問題ありません。式場側も複数回、来場するカップルを歓迎してくれます。
そこで今回は、ブライダルフェアで何回も同じ会場に行くメリットを紹介していきます。

何回も同じ会場のブライダルフェアに行くメリット

何回も同じ会場のブライダルフェアに行くメリットはいくつもあります。デメリットは、多くの時間をひとつの式場の選定に使ってしまう点です。
時間を取られてしまうデメリットはありますが、一生に一度の大切な結婚式です。結婚式場選びに失敗するともったいないですよね。結婚準備よりも式場を決める時間に多くの時間を割くようにしましょう!

何回も同じ会場のブライダルフェアに行くメリットは下記の通りです。

  1. 会場選定をじっくり比較検討できる
  2. 複数会場の見積もりと比較した上で割引交渉ができる
  3. 昼と夜に分ければ異なる会場の雰囲気を確認できる
  4. 異なる試食会を体験できる可能性がある

それでは順に紹介していきます。

会場選定をじっくり比較検討できる

3〜4箇所の式場のブライダルフェアに参加してもっとも良い式場を決めるカップルが圧倒的に多いアンケート結果が各社から出されているのはご存知の通りです。
最初に見ていい雰囲気だと思っても他の会場を比較した上で決めたいと考えるカップルが多いですが、最終的に最初に見学した式場を再度訪問して最終決定したいというケースも多々あります。
そのため、何回も同じ式場に行くメリットはとてもありますし、複数回、同じ式場に行くのはごくごく自然の流れと言えます。

 一生に一度の結婚式です。二人で納得いくまで会場選びに時間を使いましょう♪

複数会場の見積もりと比較した上で割引交渉ができる

何回も同じ会場のブライダルフェアに参加するということは、既にいくつもの結婚式場見学をして大まかな見積もりを貰った状態だと思います。
筆者が参加した式場のひとつでは、かなり現実的に見積もりを出してくれた式場もありますが、大半の式場は基本パックの見積もりを出すケースが多いです。そのため、結婚式費用が増えてしまうケースが多いです。
2回目の会場見学だと他社との見積もりも踏まえた上で割引交渉などをすることができます。さらにたくさんの式場のフェアに参加しているので、二人の理想とする結婚式の演出なども具体的になっていて、より現実的な結婚式費用を算出できるメリットがあります。

昼と夜に分ければ異なる会場の雰囲気を確認できる

結婚式場は、昼と夕方で見せる顔が異なります。時間帯も大きく結婚式の雰囲気を左右する重要な要素となります。
1回目は朝・昼に参加して、2回目はナイトフェアで夕方・夜に参加するとより会場の雰囲気をしっかり確認できるメリットがあります。

異なる試食会を体験できる

土日祝と平日に開催しているブライダルフェアでは、イベント内容に大きな違いがあります。土日祝は、豪華な試食会が提供されているが、平日は挙式会場・披露宴会場とプランナー相談会がメインになっているケースもあります。
複数回、同じ会場のブライダルフェアに参加することで多種多様な試食会やイベントを体験できます。

 ウェディングドレス・タキシードの試着に対応しているブライダルフェアはごく少数です。2回目のフェアに参加するぐらい気に入っているなら式場ならウェディングドレスの試着なども相談してみましょう!

ハナユメのハナユメ割でフェア予約がおすすめ

ハナユメ
東証一部上場企業のグループ企業であるエイチームブライズが運営するタレントのローラがイメージガールの結婚式場探し・予約ができるウェディングサービスの「ハナユメ-Hayayume」。
ブライダルフェアに参加するだけでお得な商品券が全員にプレゼントされるのは当然のことながら、ハナユメ限定のハナユメ割特典も見逃せません!
ハナユメ割が適用される式場で結婚式を挙げれば、最大100万円以上お得に結婚式ができます。挙式費用特別割引、お料理無料ランクアップ、ドレス一着無料プレゼントなどの特典をゲットできます!

ブライダルフェアに参加するだけで高額商品券がプレゼントされるキャンペーンも行っているので、お目当ての式場と共にいくつかの式場も豪華試食会目当てで参加してみてはいかがでしょうか。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアで何回も同じ会場に行くメリットを紹介しました。本気で式場を選んで検討しているなら、何回も同じ会場のブライダルフェアに参加して会場見学をするのはごくごく自然な流れとなります。
式場側も丁寧な対応で出迎えてくれるので、二人の最高の結婚式を実現するために気の済むまで検討して決定することをおすすめします!

おすすめの記事