良さげな結婚式場のブライダルフェアに予約して当日を楽しみにしていたけど昨日の夜、彼氏と共通の友人経由で知り合った仲良しカップルにめちゃくちゃ楽しそうなイベントに誘われた。そのイベントに参加するとブライダルフェアの開始にギリギリ遅刻する可能性がある。そんな時に気になるのがブライダルフェアに遅刻した時の対処方法です。
また、ブライダルフェアに申し込む前に遅刻した時のペナルティがあるのか? なども気になると思います。そこで今回は、ブライダルフェアに遅刻する時の対処方法について紹介していきます!

ブライダルフェアに遅刻する時の対処方法は?

ブライダルフェアに遅刻する時の対処法は、結婚式場に遅刻する旨を連絡することです。結婚式場によって対応が分かれます。
ブライダルフェア開始時刻から1時間以上も遅刻してしまうような時は、代替日を提案される可能性がありますが、交通機関の遅延程度だったら問題なく参加できると考えて良いでしょう。

結婚式場に電話して担当者に参加時間と新郎新婦両名の名前を言えば、対応してくれます!

1時間遅れても参加できる?

交通機関の遅延や当日の急用で遅刻するぐらいだったら、問題なさそうに思いますが、1時間遅れると参加できる? と考える方もいます。
これは結婚式場によって対応が大きく変わってきます。通常のブライダルフェアは2時間〜3時間程度の時間を確保してくれていますが、1時間遅れたらキャンセル扱いになる式場もあれば、チャペルの見学以外可能となるケースもあります。
いずれにせよ遅刻が判明したタイミングで結婚式場に電話して対応を確認するのが良いでしょう! 筆者も過去に2軒目の式場で10分程度ブライダルフェアに遅刻したことがありますが、特に問題なくスムーズに参加することができました!

 遅刻した後ろめたさから無断キャンセルするのはNGです。やはり、結婚式場側も誠心誠意もてなすために待ってくれているので社会人として常識から逸脱した行為はやめましょう。電話が嫌だなと思っても、しっかり連絡して対処しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアに遅刻する時の対処方法について紹介していきます。遅刻してもフェア参加可能な式場もあれば、次の予約も完全に埋まっていて参加できなくなってしまう可能性があるケースもあります。
遅刻するのが分かったタイミングでなるべく早めに式場に遅刻する旨を伝えましょう。開始時刻と新郎新婦両名の名前を言えば式場側で対応方法を教えてくれます。もし、本当に予約がいっぱいで調整できない場合は代替日の候補やずらした時間の提案をしてくれるでしょう。

おすすめの記事