本記事では、ふたりだけで結婚式を挙げる時の費用相場と気になるポイントを紹介していきます。

家族のみ参列する家族婚や親族と親しい友人のみの少人数結婚式など、小規模で結婚式を挙げるカップルが増えている中、家族や親しい友人も呼ばない「新郎新婦ふたりだけの結婚式」を挙げるカップルも増加傾向にあります。

結婚式といえば準備が大変で費用がかかるイメージが強く、結婚式を挙げない「ナシ婚」を選択するカップルもいますが、せっかくだからウェディングドレス姿だけでも写真に収めておく選択をする方が増えている結果だと思います。ふたりだけの結婚式なら挙式と記念写真のみなので通常よりも安く気軽にできます。

それでは早速、ふたりだけの結婚式について費用相場や口コミQ&Aを紹介します。

ふたりだけの結婚式とは

ふたりだけの結婚式は、その名の通り親族や友人などを一切呼ばずにふたりだけで挙式を挙げる結婚式スタイルのことをいいます。冒頭でも紹介した通り、ふたりだけの結婚式を挙げるカップルが増えており、それに伴い結婚式場でもふたりだけのウェディングプランが用意されています。

田舎にいる高齢の両親を一同に集めるのが難しいという理由からふたりだけの結婚式を選択するカップルも多くいます。

 お金がなく安く結婚式を挙げたい、結婚式の準備が面倒、結婚式の準備をする時間がない、気を遣わずにゆっくりふたりだけで結婚式を挙げたい、ウェディングドレスを写真に残したい、海外挙式をしたいなどと考えているカップルにはおすすめのウェディングプランです。

ふたりだけの結婚式の費用相場

幸せそうなカップル
ふたりだけの結婚式でかかる費用は、おおよそ20万円〜30万円が相場となっています。挙式のみの結婚式を挙げる場合の費用相場とほとんど同じと思って問題ありません。

挙式会場の施設利用料や挙式料、ウェディングドレス・タキシードの衣裳レンタル料、ヘアメイク料、着付け料、写真撮影料などが含まれています。

その他動画撮影や特殊な演出を加えるとオプション料として料金が加算されますが、だいたい30万円あれば挙式を挙げることができます。

 少人数ウエディングで有名な「小さな結婚式」や横浜のSt.AQUA(サン・アクアチャペル)などは7万円〜8万円のプランが用意されているため、通常よりもかなりリーズナブルにふたりだけの結婚式を挙げることができます。

記事始めの目次に戻る

ふたりだけの結婚式のメリット

続いて、ふたりだけの結婚式のメリットを詳しく確認していきましょう!

結婚式場を決めやすい

ふたりだけの結婚式は結婚式場を決めやすいところがメリットと言えます。結婚式場探しは意外と難しく時間をかけて苦戦しながら探すカップルは多いです。なぜならば、希望するエリアに数え切れないほどの数の結婚式場があるからです。

結婚式場が多すぎて二人にとってベストな式場に巡り合うことが難しくどこが良いのか決められなくなってしまいます。式場探しで喧嘩して険悪なムードになるカップルも居るほどです。

それに比べて、ふたりだけの結婚式を挙げる場合「挙式のみOKの結婚式場が限られているため選択肢が少ないこと」「挙式会場のみを考慮すればいいため時間がかからないこと」から、結婚式場は通常よりも決めやすいです。時間の短縮につながりスムーズに準備を進めることができます。

結婚式費用が安い

ふたりだけの結婚式は何と言っても、結婚式費用が安い点がメリットと言えます。挙式と披露宴を行う通常の結婚式ならば250万円〜350万円ほどかかる費用も、ふたりだけの挙式なら最低7万円あれば結婚式を挙げる事ができます。

ウエディングドレスとタキシード姿の写真を記念に撮るだけのフォトウエディングなら2万円〜5万円ほどでできますし、安ければ10,000円以内で写真を撮ることができます。

結婚準備が短い

ふたりだけの結婚式にすると結婚式準備が短くて済む点もメリットと言えます。特に2〜3ヶ月後に結婚式を挙げるようなお急ぎ婚の場合は結婚式の準備期間が短いため、ふたりだけの結婚式はおすすめです。ふたりだけの結婚式なら挙式のみなので準備するものといえば、結婚指輪やドレスのレンタル、音響・照明、ヘアメイクなどで手間のかかる準備はありません。打ち合わせも2〜3回のみ。

通常の結婚式であれば披露宴で流す動画制作、テーブルコーディネイト、ウェルカムスピーチ、乾杯の挨拶や祝辞の依頼、余興の依頼など披露宴を作り上げるためにかなりの労力と時間がかかります。ふたりだけの結婚式ならこれらすべてやる必要はありません。時間と労力を使うことなく当日の結婚式を楽しむことができるのです。

結婚式場予約サイトのハナユメなら本記事で紹介しているふたりだけの結婚式ができる結婚式場のブライダルフェアを簡単予約でき、キャンペーンに応募すれば最大数万円の商品券もゲットできます。魅力いっぱいの会場を見つけて、最高の結婚式を挙げましょう。

ふたりだけの結婚式のデメリット

ふたりだけの結婚式のデメリットは親に晴れ姿を見せることができない点です。今まで大切に育ててくれた両親に対して結婚式のウエディングドレス姿を見せられないので親に申し訳ない気持ちになるかもしれません。また、親しい友人にも祝福してもらえないので少し寂しく感じる可能性もあります。基本的にふたりだけの結婚式のメリットはありますが、みんなから祝福の言葉や祝儀をもらえないため少し物足りなく感じるかもしれません。

 もし、物足りなさを感じたら、親族だけを集めた食事会や親しい友人を集めたウエディングパーティーを別途行うのもアリですよ。

記事始めの目次に戻る

ふたりだけの結婚式の口コミQ&A

ふたりだけの結婚式の探し方は?

ふたりだけの結婚式を探すにはまず、ハナユメやマイナビウエディングなどの結婚式場予約検索サイトに行って、条件に「挙式のみ」で検索しましょう。基本的には挙式のみ=ふたりだけの結婚式と捉えていいと思います。

気になった結婚式場が見つかったら?

気になった結婚式場が見つかったら、電話ですぐに契約するのではなくまずはブライダルフェアを予約しましょう。写真や映像だけではすべて分からないので、WEB上でいいと思ったとしても思わぬところに落とし穴があるかもしれません。必ず結婚式場主催のブライダルフェアを予約してまずは式場を見学しましょう。ブライダルフェアなら挙式会場の見学や本番さながらの模擬挙式体験ができるためイメージとの差を埋めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか今回はふたりだけの結婚式場主催の費用について紹介しました。メリットもデメリットもある結婚式プランですが、ナシ婚にするのであれば断然ふたりだけの結婚式がおすすめです。

結婚式場予約サイトのハナユメなら本記事で紹介しているふたりだけの結婚式ができる結婚式場のブライダルフェアを簡単予約でき、キャンペーンに応募すれば最大数万円の商品券もゲットできます。魅力いっぱいの会場を見つけて、最高の結婚式を挙げましょう。

おすすめの記事